サクラ被害にあっても、失われたお金を取り戻せないと考えておきましょう。

サクラの被害にあったら

 

サクラの被害にあったら

 

出会い系を利用しているとサクラと遭遇してしまうことがあります。
もし、万が一サクラだと思われる相手に出会ってしまったら、どう対処するのが良いでしょうか?

ここではサクラ被害にあった時の対処方法をまとめます。

 

まず、サクラ被害にあったらそれ以降のメールのやり取りを止めましょう。
メールでサクラ行為を追及してもお金が消えて行くだけで何のメリットもありません。
むしろサクラに対してお金を渡しているのと同じ行為なので絶対にダメです。

 

出会い系にもよりますが、通報ボタンがあるならそれを押しましょう。
それによってサクラのアカウントが停止されるのを祈るしか無いのです。
基本的にはサクラ被害にあっても失われたお金を取り戻せないと考えておいてください。
過去には、民事訴訟で50万近い金額を取り戻した事例がありますが、極めて難しい道のりになります。
手痛いことではありますが、勉強代として次に生かすことを考えるのが無難です。

 

さて、サクラのアカウントを通報した後ですが、3日以内に停止されないならその出会い系の利用を止めましょう。
サクラのアカウントを放置するということは、その出会い系全体が詐欺の可能性があります。
ちゃんと運営を行っている出会い系であればサクラのアカウントを放置しません。

放置されている時点でその出会い系は信用できないのです。

 

サクラ被害にあわないようにするなら、事前にネットで調査するのが良いでしょう。
出会い系の名前と相手のプロフィールをネットで検索すれば、この人はサクラだという書き込みに辿り着きます。
そうした書き込みが無ければリスクはやや下がると思って大丈夫です。

 

婚活サイトに潜むサクラ

 

ちなみに、どうしてもお金を取り戻したい人は弁護士に相談してみましょう。
この時、相手が確実にサクラだという証拠が無ければいけませんので、立証は極めて難しいものになります。
数千円、数万円では弁護士費用の方が高くなりますが、もし何十万も使っているなら取り戻すために行動するのも良いです。

 

消費者センターへ相談して別の方面から圧力をかけるのも1つの手段です。

サクラ被害にあわないように、出会い系の利用には十分注意しましょう。